徒然趣味

小説、マンガ、アニメ、映画の感想を書いていきます。

最高の現実逃避 妄想代理人の感想 <ネタバレ注意>

今回は、妄想代理人というアニメについての感想を書いていきたいと思います。
考察やネタバレしかないので、苦手な方はブラウザバックをオススメします。









妄想代理人とは

今敏が手がけたアニメ作品です。
今敏の作品は、筒井康隆のパプリカ、旧ジョジョOVA版、PERFECT BLUEなどがあります。

妄想代理人は、全13話というコンパクトさで見やすく、アングラな雰囲気を体感することができます。

妄想代理人の大まかなあらすじは、可愛いマスコットキャラクターをデザインした月子が少年バットという正体不明の人物に襲われ、様々な人が少年バットに頭を殴られるようになり、少年バットの正体を探るため2人の刑事が探り始めるといった内容です。
話は繋がって展開していきますが、1話完結型で数珠のように繋がっていきます。


妄想代理人に興味を持った人は是非アニメのOPを見てみてください。このアニメの異質さがよく分かると思います。
アニメっぽいキャラクターがほとんどいません。
この作品では、現実ということが非常に重要なテーマになっていると思います。




















妄想代理人の感想

妄想代理人を見た時、サスペンスかサイコホラーなのかと思いましたが、実際は上手く言葉にできない内容だったというのが本音です。
ですが、非常に私好みの作品でした。

少年バットに殴られる人が羨ましくなったくらいです。少年バットがやっていることはただの暴力で、死ぬということも有り得ます。
しかし、他人に殴られて記憶をなくすという行為がこんなに自分に都合がいいことだったなんて考えてみたこともありませんでした。
誰しも嫌なことがあったり、気づきたくない事実があったのだとしたら、逃げ出したくなります。
少年バットが現れるということは、自分で責任を負うのではなく、誰か見知らぬ誰かに責任を押しつけることができるようになり、その前後のことも忘れることが出来るのです。

まさに最高の現実逃避。
テレビを見たり、音楽を聴いたり、旅行に行ったり、アニメにハマったり、私がしていることはほとんど現実逃避していることがほとんどなのだと自覚しました。

私も、他の誰かもアニメの中の可愛いマスコットキャラクターマロミにハマっている人達となんの変りもない。
そこが面白いと思いました。
あらゆる登場人物に感情移入することはあれど、まさに一緒というのはあまりない感覚だと思います。

妄想代理人では私は月子が好きです。
いつもぼーっとしていて、童顔で何を考えているのかわからない彼女ですが、その部分も伏線だとは全然気づきませんでした。
今敏監督のブログにたくさん設定や構想、裏設定を読むことが出来るので気になる人はぜひ読んでみてください。
非常に面白く、アニメを見たあとブログを読んでもう一度アニメを見るとよりこの作品を楽しめると思います。
妄想代理人の話で人気の高い第8話の設定が興味深かったです。これを考えた今敏監督も凄いですが、既に考察した人がいたなら凄すぎるなと思いました。

ラストのシーンが好きで、この出来事はループしているのかはたまた違うことなのか考えてみると面白いです。
かなり異質な作品ですが、今の時代について考えさせられるテーマでとても面白いと思います。

以上で妄想代理人の感想を終わりにします。


今敏さんのブログになります。気になった人は読んでみてください。↓↓
「妄想」の産物 -はじめに- - KON'S TONE