徒然趣味

小説、マンガ、アニメ、映画の感想を書いていきます。

カエルの子は を読んでみた。(ネタバレ注意)

カエルの子は (メディアワークス文庫)

カエルの子は (メディアワークス文庫)

峰月 皓さんが書かれた『カエルの子は』という小説を読んでみたので、感想を書いていきたいと思います。




ネタバレを多く含みます!




~簡易的なあらすじ~
遊園地でカエルの着ぐるみを被って仕事をこなし、独身生活を送っている主人公 芹沢晃 30歳。
淡々と生活を続けていた彼のもとに、見知らぬ子供が転がり込んでくる。子供の名前は明。晃のことを「父ちゃん」と呼び、父ちゃんの息子だと主張しする。困惑し信じようとしない晃に、明は20代の頃の海外を旅していた頃の晃の写真を見せる。そして家出してきたと言う明をとりあえず引き取ることになり、平穏で味気ない生活がどんどん変化していくことになっていく……。







~感想~
30歳の男の元に見ず知らずの小学生の男の子が実の息子だと言って転がり込んでくる……。
とてもファンタジーメディアワークスっぽい!というが最初の感想でした。(気分を害された方がいたらすみません。私はメディアワークス文庫が大好きです)
息子 明の行動力が凄い。小学生なのに、いや小学生だからこそできることなのかもしれません。明は晃にべったり懐きます。しかし晃はそうはいきません。何せ突然現れた認知していない息子がいきなり会いに来たのです。許容範囲内の反応だと思います。
そして初めの方を読んでみた人やもう読んだことがある人はわかると思いますが、この主人公、だいぶ口が荒いです。笑
もちろん、上司にはきちんと敬語を使える大人の男なのですが、怪しい、認知していない息子に優しくする必要はないと明を冷たく扱います。
最初の方は実の父親に懐く息子と不信感をもつ父親、という関係でした。
それが、前向きで子供らしい、親に雑に扱われてもめげない明の態度に晃は徐々に心を動かされていきます。明によって、晃が本来の自分を思い出して優しさを取り戻していく描写がとても丁寧でよかったです。

また、この作品の舞台装置である『遊園地』での描写が面白いです。
取材のために2、3の遊園地に行ったと作者のコメントに書いてありましたが、とても作品にこの経験を生かしているなという印象を受けました。
私自身、あまり遊園地に行かないのでどういう場所なのかなんとなくしか分からなかったのですが、そんな私でも遊園地の全容が読めば分かりました。

そして、主人公親子の周りの登場人物、遊園地に携わっている人々もとてもいいと感じました。
晃と同じ遊園地のアルバイトをしているイケメンでシスコンな東 恭二。晃が通うバーのホステスの女性 神崎 澄子。無表情でクールだが明や子供には優しい園内スタッフの福田 馨。噂話が好きな杉山、など個性豊かな人達ばかりです。ただのキャラクターという訳ではなく、どちらかというと明の味方で晃には呆れている様子が多々ありました。ただし晃の態度が変化していくにつれて、周りの態度もまた変化していきます。ただの都合がいい人達ではなく、優しく良い距離感を保ちながら主人公親子に接していく様子が読んでいていいなと感じました。

~終わりに~
私は所謂パッケージ買いをする人間なのですが、この本は特にどストライクでした。なんと言っても表紙のカエルの着ぐるみを着た晃と明がとても可愛い。本の内容に合う素敵な絵だと思います。
会話文が多くわかりやすく読みやすい、という特徴をうまく生かした作品となっています。2人のあきらがどうなっていくのか気になる人はぜひ読んでみてください!